世界初。松本零士氏のトレードマーク
零士キャップが発売。

Leiji Cap 1st Model

赤いドクロマークの帽子

世界的な漫画家、松本零士氏のトレードマークである、いつもかぶっている赤いドクロマークの帽子「零士キャップ」。松本氏が25歳の時(1963年)、漫画の原稿料である当時のほぼ全財産4万9,500円を投じて、クロノグラフ型腕時計ブライトリング「ナビタイマー」(Ref.806)を買ってから55周年(2018年)を記念して発売された。

自らマジックで赤く塗った

零士キャップは松本氏が45年にわたって被っており、分身であり氏を象徴するアイテム。漫画を描く際に髪の毛が邪魔になることから、当初はベレー帽や野球キャップを反対にしてかぶったりしていたが、その当時、氏の会社に在籍したアシスタントだった女性が手編みしてプレゼントした零士キャップが初代。ワンポイントのドクロは白色だったが、松本氏が「俺は生きているから、血の通った赤いドクロに」と、自らマジックで赤く塗ったのが始まりだった。以降、近年まで、その女性は、帽子が古くなると新調してくれたという。松本氏の代表作の一つ「男おいどん」を描いたのちに装着し始め、「宇宙戦艦ヤマト」、「銀河鉄道999」、「キャプテンハーロック」の漫画、アニメ作品を創造していく過程から共に在った。

約7日かけ手編みする完全手作業品。

発売される零士キャップ1stモデルは、松本氏が今後、装着する零士キャップをつくることになった、2代目となる日本人女性による完全手作業品。中細そしてツバの部分に極細のニット素材を用いて約7日かけて手編み、ドクロマークも手作業で刺繍して完成させたもの。

零士キャップと同じクオリティ。

シリアルナンバー入りのタグが縫い付けられ、同じくシリアルナンバー入りのギャランティカードには、松本零士氏の直筆サインが入れられる。まさに全世界の松本ファン垂涎のお宝級アイテム。構想から10年。試作を重ね、松本氏に贈る零士キャップが完成したのが2018年春のこと。松本氏オンリーのプライベート作品だったために、発売する予定はなかったが、「銀河鉄道999」の時間城、世界的に有名になった計器類、レイジメーターのモチーフとなったクロノグラフと出会って55周年の節目に松本氏から発売のゴーサインが出された。

※手工芸品につき同じものは2つとなく、
1点ずつ細部が異なることをご了承ください。

零士キャップ 1 st モデル

松本零士先生公式認定アイテム。1stモデルは、松本零士氏自身のトレードマークである同キャップを編む2代目女性が手作業で仕上げる完全ハンドメイド。現状では月産4個程度。
黒色で中細と極細のニット素材を使用した手編み。赤い刺繍部分も機械を用いずに手作業。基本サイズは57㎝から60㎝。高さは約16㎝。特大サイズ(頭のサイズ60㎝以上)の個別オーダーも可能。店頭在庫がない場合は、ご注文から最短で10日程度(受注状況により伸びる可能性あり)かかります。本体部分は天然ウール65%の混紡、ツバと赤い刺繍部分は綿100%、手洗い可能。「シリアルナンバー入りのタグ入り。松本零士氏直筆のサイン入りギャランティカード付き。価格27,500円(税抜き)。

発売元:株式会社フォーシスターズ 担当:松田朗
電話番号090-3309-6761 akira7@lilac.ocn.ne.jp